第8回目: 文理俊晃さんに聞く 「自由に生きる方法」

文理さんの仕事の経歴はとても興味深いです。

現在は、料理人として、ケータリングやパンの販売、料理教室などをされています。

世間体や常識に縛られず、自由に自分の道を選択して生きる、その姿はとてもステキです。

自由に生きるのは勇気が必要。

普通の人はそう思うかもしれませんが、文理さんの話を聞いていると、とても清々しく、柔軟な感性を持たれているので、

「自由に生きる」ことについての価値観が変わるかもしれません。

いろんな生き方に触れ、自分の人生を考え直すきっかけを見つけて頂けたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です