第17回 枠を外して行動するために

今回は、「枠を外して、行動するためにはどうしたらいいのか」というテーマで二人で話しました。

ぶっとんだ発想をしたり、思い切った行動をしたり。そんな人は他の人と何が違うのか。自分たちの周りの人の例も出しながら検証してみました。

私達ももっと枠を外して、行動力を増したいし、私達と同じように思っている人にとって何か参考にできることがあれば、嬉しいです。

常識や枠にとらわれずに自分らしい生き方ができるといいなと思います。

第16回:大坪勇二さんに聞く「諦めない思考法」

大坪勇二さんは、電子出版の会社を経営している方。多くの著名人との繋がりがあり、日々、忙しい中で楽しそうに仕事をされています。

大坪さんは、社会人になってから今日まで、何度も職を変わってきたそうです。一度は、多くの収入を得るようにまでなっても、それでも、その先を見据えて、また新しい働き方を模索していったとか。

常に、もっと自分が出来ることを探していたのかもしれません。

自分の中にある違和感を無視せず、違うと思ったら新しい道へ行く勇気は素晴らしいと思います。そして、何度、働き方を変えても、「きっとうまくいく」という思考を持ち続けていたことも成功の要因なのだと感じました。

今の状態に不満のある人、これからもっと新しいことに挑戦してみたい人に聞いてもらいたいお話です。

第15回:大竹啓裕さんに聞く「ストックビジネスって何ですか?」

「ストックビジネスの教科書」の著者、大竹啓裕さんにインタビューしました。

ストックビジネスという言葉を聞いたことがない人も多いと思います。聞いたことがあっても、ストックビジネスの構築が分からない人も多いでしょう。

全く知らない人に、「ストックビジネスって素晴らしい」と思ってもらい、ご自分のビジネスで活用してもらえるといいなあと思います。

大竹さんは、とてもステキな経営者です。貸し会議室やレンタルオフィスを運営すると共に、カフェのストックビジネス化にも挑戦されていました。常に新しいことを模索し行動していくエネルギッシュな方です。

ストックビジネスについても学んで欲しいし、大竹さんのことも知ってもらいたいと思っています。

私達も、引き続きストックビジネスを勉強するつもりです。ぜひ、一緒に学びましょう~。